おしゃれと節約

節約をする際に、一番最初に槍玉に挙げられそうなのが、主婦のおしゃれにかかる費用。でも、ちょっと待って下さい!お金をかけるポイントを工夫すれば、無駄な出費をせずに十分魅力的でいられるのです。大切なのは、「スキンケア」、「体型維持」、「ヘアスタイル」の三つを怠らないこと。しかしそれも決して難しいことではありません。

おしゃれを犠牲にしても、犠牲にして欲しくない最優先事項はスキンケアです。それは洋服はお金さえあれば後からでもいくらでも手に入りますが、肌の若さやみずみずしさは失われてしまうと取り返しのつかないことになってしまうから。
基本は健康的な生活を送ることです。まずは、食生活を見直すことによって内側からきれいな肌を作ります。これには特別な費用はかかりませんし、むしろ大幅な食費の節約にも繋がります。お金をかけるポイントは、ビタミンなどのサプリメント。美容はもちろん健康を一緒に手に入れるのが狙いです。
普段のお手入れは、とにかく保湿にこだわりましょう。だからと言って高価な化粧品を買う必要は全くありません。化粧水などはエッセンシャルオイルを使って、自分でも手作りできてしまいますし、その効果は抜群です。その化粧水をジャブジャブ使ってパッティングした後は、信頼できるメーカーの乳液やクリームで仕上げる。これはある程度のお金をかける必要がありますが、必ずしも大金は必要はありません。

肌と同じくらい守りたいのが体型。これも基本は健康的な生活です。食生活の見直しのほかに、適度な運動やストレッチを規則的に取り入れることが大事ですが、もちろんこれにかかるお金はほぼゼロです。体型がスリムで健康的だと、どんな服でも素敵に着こなせてしまいます。よく、ある程度の年齢になったら高価な服でなければ貧相に見えると聞きますが、そういう人は高価な服を着ていてもイマイチなことが多いものです。
体型も一度失われてしまうと取り戻すのは本当に大変なので、いくつになってもナイスボディーを目指しましょう。

最後のポイントはヘアスタイルです。これは毎月美容室に行って流行の髪形を追いかける...というのではありません。パーマやカラーにお金をかけるよりは、美しい髪を保つためのお手入れや、自分に似合った清潔感のある髪型を維持する方を重視します。

これら3つのポイントが魅力的だと、ブランドの服など着ていなくても、上品さと高級感が自然とにじみ出てきます。大切なのは、安い服を買う場合でも、必ず自分に似合った気に入った服だけを買うこと。安いからという理由で買ってはダメです。また、時には安い服を上質の服と組み合わせてみたり、小物に凝ったりすれば、貧相どころか十分素敵に見えますよ。

柴村恵美子オフィシャルサイト

少々お困り事があります。